歴史(沿革)

沿革

明和元年(1764)
吉益洞門人、初代上村春庵、長崎にて蘭学を学び、佐賀鍋島藩典医として召し抱えられる。

吉益東洞より与えられた添え書き状

安政5年(1858)
佐賀藩医学校設立、五代春庵、指南役を拝命。
明治4年(1871)
六代春甫、医学寮の教師、県立病院唐津分院長などを歴任後、佐賀市松原町にて開業。
明治41年(1908)
七代春庵、東京大学医学部を卒えて帰佐し、新病院の建設に着工。
明治43年(1910)
内科・外科ベッド数60床の上村病院竣工。
昭和42年(1967)
医療法人春陽会設立。
昭和45年(1970)
鉄筋コンクリート造5階建て120床の新病院竣工。
昭和56年(1981)
増築し、200床へ増床。
平成5年(1993)
佐賀市兵庫町へ新築移転。
平成6年(1994)
老人保健施設“みどりの園”を併設。
平成7年(1995)
在宅介護支援センター、ホームヘルプ事業開始。
平成11年(1999)
訪問看護ステーション開設。
平成12年(2000)
居宅介護支援事業、訪問看護事業、通所介護事業開始。
平成18年(2006)
特別養護老人ホーム“春庵”開設。かみぞのクリニック開設。通所介護事業、神園へ移設。
平成21年(2009)
地域包括支援センター事業受託。
平成24年(2012)
地域密着型サービス施設開設。
グループホーム開設。
小規模多機能型サービス施設開設。
認知症対応型通所介護事業開設。
平成25年(2013)
グループホーム弐番館開設。

歴代院長

  • 初代上村春庵
  • 二代上村春道
  • 三代上村淳庵
  • 四代上村春庵
  • 五代上村春庵
  • 六代上村春甫
  • 七代上村春庵
  • 八代上村周甫
  • 九代上村春甫

初代春庵をモデルにした神農図